300回目のメリパナイトラン

10月31日の火曜夜、節目となる第300回メリパナイトランを行いました。

参加人数も70名オーバーと過去最高の規模で終始収集がつかないまま、ワイワイガヤガヤと賑やかなナイトランになりました。

改めて「メリパナイトラン」とは何なのか?ご説明しましょう。

メリパナイトランとは、第1回神戸マラソンが実施された2011年の春に「マラソンを神戸で楽しもう」という趣旨で、毎週水曜の夜にメリケンパーク~モザイク間の海沿いコースを走るコミュニティーとしてスタートしました。

当時、ジム通いをしていた私はニュースで神戸マラソン開催を知り一念発起?して応募・当選したことがきっかけになってランニングを始めたばかりでした。
靴やウェアなど、一体何を購入すれば良いのか右も左も全く分からない中、とりあえずフェイスブックで「神戸マラソン走るぞー!」と宣言したところ、様々な所から沢山反響をいただきましてね。

「松岡さんランニングしてはるんですね~。私も当選したんですよ。」
「えーー! ●※さんも走ってらっしゃるんですか!?」

的な声掛けを、それこそ色んな方面からいただきまして、より強いコミュニケーションを楽しむことが出来ました。

そんな中、親しい友人より「毎週水曜の夜にメリケンパークを走ってる人たちが居るから一緒に参加しませんか?」というお誘いを受けて恐る恐る参加したのが「メリパナイトラン」でした。

「距離は何キロくらい走るんですか?」
「だいたい5キロくらいやって。」

心の声『え…💦 5キロ…。5キロも走って他の人についていけるかな?』

これが私とメリパナイトランとの出会いでした。
おずおずと集合場所のメリケンパークへ向かった時、既に集合していた他のメンバーさんがメチャメチャ早そうなランナーに見えてビビっていたのを今でも覚えています。


そう。松岡さんはメリパナイトランの発起人じゃないんですよ。
ここは重要なトコですから、改めて押さえておきますね。

発起人や運営メンバーの皆さんは、とても親切にしてくださいました。
初マラソンとなった神戸マラソン2011も確か5時間半くらいかかりましたが何とか完走して、もっと走りたいと取り組むようになり、時々はメリパナイトランへ参加しました。

やがてメリパナイトランは、どんどん規模が大きくなり発起人さんから運営の手伝いを依頼されて運営メンバーに入りました。

その後も空前のマラソンブームは衰えることなく続いたことでメリパナイトランのようなランニングコミュニティは各地各所で生まれ多様化していったように思います。

メリパナイトランは、その後発起人さんや他の運営メンバーさんは、仕事や体調などの諸事情から継続的に参加出来なくなった人が増えていって、いつの間にか実質私一人に近い状況になりました。
そして、私の仕事内容が大きく変化したことで水曜夜の開催が不可能になることから、発起人さん・運営メンバーさんと話し合って現在の火曜日開催に変更、以降私が管理人として運営していくこととなったわけであります。

という流れで現在のメリパナイトランになってから2年半くらいの時が流れました。

不思議なことに水曜夜から火曜夜に変更しただけで参加人数がグッと増えてきました。
なぜだか理由は今でも分かりません。

1年約56週、雨で中止の時もあるので大体年1回のペースで50回刻みの節目がやってきます。
メリパナイトランが火曜夜になってからは200回、250回が行われ沢山の方々が来てくださいました。
この夜の300回目も、250回あるいは200回以来の参加者がいらっしゃいました。
皆さんそれぞれのペースで参加してくださっても、その場の輪の中に簡単に溶け込める…ってのがメリパナイトランの魅力だと思っています。
いつも打ち上げでお世話になっているメリケン亭の平山マスターも、この夜は腕を振るって特別料理を作ってくださり、参加メンバーを楽しませてくれました。

 

さて、コレを書いている時点で305回目が終わっていますけど、メリパナイトランを末永く続けていくためにはどうすれば良いかを考えています。

松岡さんもいつかは年老いて走れなくなる時が来るので、誰かに託さなきゃいけないんですけど、託す人にとってもメリパナイトランを運営していくことが楽しいと感じてもらえるように、ボチボチと頑張っていきますので今後とも大らかな気持ちで見守ってやってくださいね。

年内は最終火曜26日まで、雨が降らない限りは毎週火曜20時30分に神戸メリケンパーク入口で集合して走っていますので、時間と気分の合う方は気軽にご参加ください。